今は何もなくていい。
スタートはみんな一緒だ。

MESSAGE

アフターコロナの時代のリーダーとして
新卒を「0(ゼロ)」から育成していく。

今は何もなくていい。「0(ゼロ)」でいい――私が不動産業界を目指す学生に投げかけたいのは、まさにその言葉に尽きます。不動産は確かに専門性が高く、宅建士などの資格取得なども目指す必要がある世界です。しかしながら、学生の段階で不動産に精通している人はほとんどいません。スタートラインは全員が全く同じなのです。不動産に少しでも興味を持っていれば、それをエネルギーに成長をしていくことができるはず。また、若い人が成長するためのバックアップをしていくのが、私たちの務めだと考えています。

おかげ様で臼井不動産は、横須賀・三浦の地で長年にわたって地域社会から信頼を獲得しています。それだけに日々、多くのお客さまの声に触れながら、不動産マンとして大きく成長できる場が広がっていると自負しています。仕事を通して不動産を、横須賀・三浦を、そして当社を好きになってくれれば幸いです。

コロナ後の世界、不動産業界にも今まで誰も思いもしなかった新たなニーズが生まれることになるでしょう。時代の変化に備えて今から先手を打つべく、私が真っ先に必要だと考えたのが何色にも染まらない新卒の存在にほかなりません。数年の時間をかけて新卒入社の若手をじっくりと育成し、誰もが“一人前”と評価するレベルに到達した頃、ちょうど景気が変動していくことになるはずです。新時代の先頭を走るリーダー候補として、これから入社する若い力には大いに期待を寄せています。

代表取締役CEO臼井 達也

代表取締役CEO 臼井 達也

BUSINESS

豊かな自然に恵まれた横須賀・三浦の地で
未来を先取りする多角的な不動産事業を展開。

神奈川県の横須賀・三浦エリアには、海と山が織り成す豊かな自然に恵まれた美しい街並みが広がっています。京浜急行を使えば都心や横浜方面へのアクセスも良く、あえて風光明媚なこの街に住まいを構え、スローライフを楽しむビジネスパーソンも少なくありません。わたしたち臼井不動産ではこの横須賀・三浦という地に軸足を置いた不動産会社として、長年にわたって地域のお客さまとの信頼関係を醸成してきました。

料理に和洋中の多岐にわたる形態が存在するように、不動産にもまた多様なメニューが存在します。当社では社員数22名(2021年2月現在)のコンパクトな組織ながら、賃貸・販売などの仲介をメインにしつつ、物件の管理、損害保険の提供、契約の更新、建築請負、不動産コンサルなど多角的に不動産事業を展開しています。前身を辿れば半世紀近い歴史を有するだけに地域に数多くの管理物件や投資物件を有していることから、安定的に収益が得られる盤石の基盤が整っています。

事実、2020年はコロナ禍の中にあって過去最高益を記録しました。投資用物件が好調だったのが後押しとなったのですが、一方でいつまでも同じ手法で発展し続けられるわけではないと考えています。当社は、時代を先取りして多様な不動産に進出してきたからこそ、今日まで事業を継続することができました。これからも変化に対して柔軟な組織であり続けたいと思っています。

神奈川県

YOKOSUKA
and MIURA

臼井不動産が手掛ける事業の一例

  • 不動産分譲部門

    一戸建てからマンション、土地、店舗まで、多彩な不動産の分譲を手掛けています。ライフスタイルの変化による買い替えなどにも対応。住む人の立場に立ち、20年先、30年先を考えた住まいをご提供していきます。

    不動産分譲部門
  • 不動産仲介部門

    賃貸仲介・売買仲介を提供する当社のコアとなる部門。横須賀・三浦エリアで長年にわたって培ってきたネットワーク力、情報網を駆使し、地域のお客さまの細かなニーズに合わせた物件を紹介することができます。

    不動産仲介部門
  • 建築請負部門

    注文住宅の建築、高い収益性を実現する商業ビルなどの建築も請け負っています。お客さまの要望や予算などを考慮し、ベストな工法で物件を形にします。リフォームも手掛けており、全面改装からちょっとした内装工事までに対応しています。

    建築請負部門
  • 不動産管理部門

    オーナー様の大切な資産であるアパートやマンション、駐車場、店舗などの賃貸管理を担っています。契約書作成、入金管理、入居者対応など、様々な角度からオーナー様を支えていきます。

    不動産管理部門
  • 不動産貸付部門

    臼井不動産では複数のアパート・駐車場・マンション・商業ビルを所有しており、自社で安定した家賃収入を得ています。また、アメリカ軍人向けの戸建て住宅の建設・賃貸というビジネスにも進出しています。

    不動産貸付部門
  • リバースレンタル部門

    不動産を所有している年配のお客さまから物件を買い上げ、人生を全うするまで安い家賃でお住まいできるように支援します。相続税対策、老後の人生の資金調達などで活用できると、高齢社会の中で注目を集めています。

    リバースレンタル部門
  • コンサルティング部門

    不動産投資を成功に導くべく、物件調査・金利交渉・ローンアレンジなどを実践。投資や税金対策セミナーの開催、競売による不動産購入サポートなどもコンサルティング部門の業務の一つです。

    コンサルティング部門

SYSTEM

新卒は3か月のOJTでじっくりと育成。
利益は社員に還元する方針も打ち立てる。

ほぼ未経験からのスタートとなる新卒に対しては、初期段階では不動産に関する専門性を伝授する場を提供します。最初の3か月間はOJTからスタート。ここで一つひとつ着実に知識を身に付けてもらいます。配属先は賃貸営業となるケースがほとんど。ここで不動産の基礎を身に付けた後、戸建てやマンションの販売、管理、投資案件など、本人次第で好きな分野を開拓していくことができます。宅建士資格の取得も推奨しています。取得後は永続的に月2万円の給与アップとなるので、モチベーション高く勉強に励むことができるでしょう。

残業を強制的に禁止するなど、ワークライフバランスも整備中、また、闇雲に事業投資することはせず、利益は社員に還元する方針を打ち立てています。実際、特別ボーナスを支給したりするというケースもあります。着実に資産形成していくことで、最終的には自分で不動産を購入する喜びを味わってほしいと考えています。

臼井不動産で働く仲間たち

NUMBER

6:4

男女を問わずに活躍できる。

従業員の男女比は男性6割で女性4割。女性の管理職も活躍中で、過去には女性役員も在籍していました。

0

全社員、残業は一切禁止!

18時には強制退社というルールを順守しています。やむなく残業する場合、その理由を事前申請し、残業終了の報告を必ず代表の臼井にLINEで連絡しなくてはなりません。

20

創業以来20年、一貫して黒字を達成

総合不動産会社だけに時代に合わせて得意分野を変えてきた結果、リーマンショックやコロナ禍であっても、影響を大きく受けずに利益を残しています。

2200

管理物件数は、ますます増加中!

長きにわたり横須賀・三浦エリアで事業を営み、地域からの信頼を得てきました。今では管理する物件は2,200件を超え、年々増え続けています。

umlimit

あらゆる不動産を取り込む臼井スタイル

常に先を読み、時代や景気に合わせてスタイルを変えていくのが臼井不動産です。常に新しいチャンスを求めて、新スタイルの不動産にもいち早くチャレンジしていきます。

MENBERS

真心の接客を通して
地域の方々に愛される
営業であり続けたい。

2014年入社 堀ノ内店 賃貸営業部T.YAMADA

VOICE 01

SECTION.01

賃貸営業には多彩な業務が存在する。

大学時代はアスレチックトレーナーを目指して勉強をしていたのですが、居酒屋でアルバイトした経験から、自分は“人と話すのが好き”というのがわかり、就職活動では営業職を志望するようになりました。基本的にはメーカーで考えており、不動産会社で応募したのは当社のみ。私自身、横須賀で生まれ育ったので、子どもの頃から名前を知っていたことから試しに受けてみたのですが、選考を通して伝わってきた会社の温かな雰囲気に心魅かれるものがあり、未知のジャンルながら思い切って挑戦することにしました。
最初の3か月ほどはOJTを通して不動産の基礎を学習し、夏からは本格的に賃貸営業として活動していくことになりました。学生にとっては物件のご案内のイメージが強い賃貸営業でしょうが、実はそれ以外にも多岐にわたる業務に取り組んでいます。実際、預かった賃貸物件の魅力を伝えるべく写真撮影してネット媒体に掲載したり、店頭POPを制作する募集業務も重要な仕事の一つ。さらに契約書の作成、大家さんとのコミュニケーション、賃貸契約後に発生したお住まいの不具合対応など、様々な角度の仕事が存在しています。それだけに新人時代は覚えることが山積みで苦労に苦労を重ねました。先輩に質問をしてみたり、契約書を読み込んだりしながら、一生懸命に課題を乗り越える努力をしてきました。

SECTION.02

一人ひとりに向き合ったわかりやすい接客を。

入社して3年も経つ頃には自信を持って話ができるようになり、お客さまとの距離もかなり縮まっていくようになりました。毎日の学びで不動産の知識を身に付けたからといって、専門用語を連発するとお客さまの心は離れてしまうもの。できる限り平易な言葉に言い直して、わかりやすく伝えるのも心がけたつもりです。相手のことを考えた接客をしていると、お客さまもかわいがってくれるようになり、野菜や海産物、ビールなどをよくいただくようになりました。おかげで入社してから着々と体重を増やし、今では別人のような体格になってしまいましたが、これも信頼されている証しなのだと思います(笑)
賃貸物件は文字通り千差万別で、入居者にとってみれば100%希望通り完璧にハマる物件と出会うことはほとんどありません。だからこそ、丹念に要望を引き出し、メリットとデメリットを提示しながら、ご納得いただける物件まで導いていく賃貸営業の役割は大きいのだと思います。商業用テナントの仲介もすることがあるのですが、お客さまのニーズを読み解いて苦労して紹介した結果、多くの来店者で賑わっている様子を見るのも嬉しいと感じます。
いずれは賃貸のみならず、一生に一回レベルの買い物となる売買も手がけてみたいですね。不動産に関して多角的に取り組む当社ならば、チャレンジできるチャンスは十分にあると思っています!

QUESTION and ANSWER

臼井不動産のどんなところが好きですか?
全員の顔が見える小さな会社だけに社員同士の関係は良好。イベントも多く、社員旅行ではグアムや北海道などに出かけたりしています
休日はどんなことをしていますか?
休みの日は家にいることはほとんどなく、奥さんと一緒に横浜や鎌倉へ車で出かけて、1週間分の食材を買いこんだりしています。
叶えたい夢はなんですか?
せっかく不動産に携わったので、投資用物件をいつか持ってみたいです。ちょうど先日は先輩が投資用マンションを購入したので刺激を受けました。
就活中の学生に一言!
就職はゴールではなく社会人としてのスタート。今は辛いかもしれませが、働く中では楽しい経験もたくさんできます。将来のために今を乗り切って頑張りましょう!

あちこちから聞こえる
「ありがとう」の一言が
私を前向きにさせる

2010年入社 久里浜店 賃貸課 課長H.NETSU

VOICE 02

SECTION.01

お客さまの気持ちに応える接客を心がける。

就職活動を始めた頃は業種業界を問わずに営業職で探していたのですが、一生に一度の買い物となる不動産ならば、お客さまと深いつながりを築くことができると考えるようになり、最初はリゾート系不動産会社を重点的に見ていました。実は当社を知ったのも、海に近い横須賀という立地がきっかけ。私にとっては全く縁のない土地だったものの、社長や社員のみなさんの人柄の良さに魅かれるものがあったこと、地域に根付いた不動産を展開して街づくりに貢献していることに共感を覚え、当社で頑張っていこうと決めました。
以来、私は一貫して賃貸物件の仲介と、入居後の管理に取り組んでいます。不動産は正直、全くの未知の世界で、最初は悪戦苦闘させられてばかりでした。それでも先輩方が丁寧に支えてくれる温かな社風ですから、少しずつできることが増えていきまいた。自信が持てるようになったのは3年目頃でしょうか。お客さまと他愛のない雑談を交わしながら、潜在的なニーズを探り、お気持ちを先回りして反映する提案ができるようになっていきました。単身用物件をご契約いただいたお客さまが結婚を機に引っ越すとき、真っ先に相談を持ち掛けてくださる。そんな嬉しいシーンにも巡り合えるようになっていきました。

SECTION.02

感謝の声が2倍になる。やりがいの大きな仕事。

インターネットやAI、VRなどの進化によって、お客さまは物件を見る前にあらかじめ多数の情報を把握する時代となりました。その中にあって人間が対面して営業する意義は、人の気持ちに寄り添ったご案内ができる点にあると思っています。お住まいになった後の暮らしがイメージできるような多角的な情報が提供できるのは、地域密着した当社ならではのことです。
横須賀という土地柄、米軍の住宅も扱っているのも当社の面白いところ。日本ならではのゴミ出しルールや湿気対策がわからず、戸惑っている米軍のお客さまに対して、カタコトの英語ながらコミュニケーションを取って問題を解決してきました。誠心誠意を込めた対応に喜んでくださって、ホームパーティに招待されることも。お客さまの感謝の声が、この仕事を続けていく上での何よりのモチベーションです。
しかも当社の場合、賃貸住宅の運営管理にも注力していますから、大家さんの感謝の声もよく聞こえてきます。大家さんと入居者から2倍の「ありがとう」が得られるのがやりがいとなっています。これからも一生懸命になってお客さまに向き合うことで、“地域で一番の不動産屋さん”を目指したいですね。現在は課長という肩書がついています。かつての私がそうだったように、右も左もわからない状態で入ってくる後輩たちの育成にも注力していきたいと思っています。

QUESTION and ANSWER

臼井不動産のどんなところが好きですか?
社員の仲が良いだけに、誰かが困ったときにはチームワークで課題解決できる点です。毎日の接客にチーム力がにじみ出ているのが、地域の信頼につながっていると思います。
休日はどんなことをしていますか?
日本の百名城をすべてまわるのをライフワークにしています。残りは約40城。平日が休みなので、空いている観光地を巡ることができます。
叶えたい夢はなんですか?
自分の気に入った家に住むこと。不動産業界で10年も働くと目が厳しくなりすぎてしまい、かえって住まいを選びにくいですね(笑)
就活中の学生に一言!
コロナ禍での就活で本当に大変なことだと思います。私たちの世代もリーマンショック直後の就活だったので苦労する気持ちはわかります。数多く会社を見ながら、あなた自身と向き合ってくれる会社を探してみてください。

さぁ、一緒に地元地域で
1番愛される企業になろう。